So-net無料ブログ作成

N0.8 音楽会を聴きにロンドンへ

ハンガリーのヴァイオリ二ストSandor Vegh(1912-1997)のメモリアルコンサートがロンドンのSt.John’s Smith Squareで行われArisaと火曜日に聴きに行きました。ここは以前教会でしたが現在はコンサートホールとして使われている円柱に囲まれた大変立派な石造りのホールです。Sandor VeghはイギリスのCornwallにある音楽祭International Musicians’ Seminar(IMS)Prussia Coveの創立者でこの音楽祭は今チェリストのSteven Isserlisのもとに引き継がれています。

コンサートの曲目はブラームスのString Quintet in G major Op.111 とベートーヴェンのString Quartet in c sharp minor Op.131でした。ブラームスは聴いていて昔の風景が目の前に現れてくるように感じ、ベートーヴェンはまるで曲全体が大きな一つの楽章のように続いている曲なのですがベートーヴェンの心の中がそのまま音として伝わってくるように感じました。

この音楽会にはSteven Isserlis、その2人のご姉妹AnnetteとRachel Isserlis(ヴィオリストとヴァイオリ二スト)、アマデウスQuartetのチェリストMartin Lovettなどの著名な音楽家の方々もいらしていました。

この写真は寒~いその夜にコンサートホールの近くで撮ったBig Benの写真です!実は私が撮ったものは頭のてっぺんがかけてしまったのでArisaの撮ったものをちょっとお借りしました!次の朝は雪が降り頭の上に雪が積もったそうです!!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。